東村山市での新築・リフォームは
谷村工務店におまかせください。

外断熱の家が暖かい理由

暖かい家をつくる上で大切なのは、断熱材の素材や断熱性能だけではありません。どこで断熱するかということが重要なポイントです。断熱する場所が違うだけで、体感温度に大きな差が生じます。
外断熱の家は、構造体全体をすっぽりと包み込むように断熱をします。断熱材の内側になる所全てが外の気温に左右されません。そして構造材や基礎コンクリートなどが室内温度に有利に作用する「蓄熱材」となり、夏は蓄冷、冬は蓄熱することで、家の中全体を快適に保つことに役立ちます。もちろん、省エネルギー住宅となります。

とっても単純な
外断熱の構造

外断熱(外張断熱)

構造体の外側で隙間なく
まるごと断熱している。

VS

内断熱(充填断熱)

柱と柱の間で断熱している。
構造体は外気温にさらされている。

家全体をまるごと
断熱材で包むので

  • どの空間も温度が均一です。
  • 冬、トイレや浴室だけが寒いということはありません。
  • 温度差によって起こるヒートショックの心配がありません。
  • 吹抜け空間でも快適温度です。
  • 小屋裏も床下も空間として利用できます。
  • 小屋裏でも熱こもりが起こらないので、
    真夏でも寝苦しくありません。

構造体の外側に
断熱ラインがあるので

  • 外断熱は、内断熱のように構造体と断熱材の間に隙間がなく、
    高気密です。
  • 外断熱は、外気温の影響を受けにくく、
    熱も逃げて行きません。
  • 外断熱は、構造体や建材が全て蓄熱材として作用するので、
    輻射熱によって冬はぽかぽか、夏は涼しくなります。
  • 外断熱は、高気密なので、
    冷暖房の効果が高く、省エネです。
  • 外断熱は、断熱材によって構造体が外気から守られて
    乾燥しているので、家が長持ちします。

外断熱(外張断熱)

内断熱(充填断熱)

基礎も外断熱に
なっているので

  • 基礎コンクリートが蓄熱材として作用し、
    冬は足下から暖かく、夏はひんやりを実現します。
  • 内断熱のように、床下に冬の冷気が入り込み、
    足下から冷えることがありません。